一つの区切り

 

 今日、一人の生徒が大学受験のため、一時レッスンをお休みすることになりました。

 私が、この教室を始めた7年前、10歳だったその生徒が体験レッスンにやってきました。その日の情景は、昨日のことのようにはっきり覚えています。

 その日から今まで、教室の一番大きいお兄さんとして、演奏もふるまいも、この教室のお見本となってくれました。年の小さな生徒たちのあこがれの存在でもあり、生徒の親御さんの中には彼のファンがいたくらい!

 会えなくなるのは寂しくなるけれど、受験が終わったら再会できるように(?)自分のヴァイオリンを教室に置いていったので、また会える日がくるでしょう。

 お願いだから、ヴァイオリン取りにきてねーー笑