おかげさまで、前野咲希ヴァイオリン教室も、7年目を向かえ、沢山の素晴らしい生徒に恵まれてきました。

 こうして、教室が成長できたのは、一つに、音楽が大好きな、やる気のある生徒との出会い、もう一つに、私を教師として育ててくださる、素晴らしい教育者のおかげと感謝しております。

 高校、大学時代の恩師、篠崎功子先生からは、演奏する上での基礎、そして、芸術家としての感性や人となりを。イギリス大学院時代の恩師、ラドゥ・ブリダール先生からは、音楽的センスや、人の心を打つ演奏をするために、いかに音楽と向き合うかという姿勢。現在も、ヴァイオリンの教育方を教えてくださる佐々木涼子先生からは、ヴァイオリンを弾く上での基礎を、いかに子供に伝えるかという、代々伝わってきた、生きたノウハウを。。。

 沢山の教えを受けてきて、今度は、私が次の世代に、宝のような教えを還していきたいと願い、このコースを開講しました。

 ヴァイオリンの奏法は、自由なようであって、厳密にやり方が決まっています。

 このやり方は、どんな立派な経歴のあるヴァイオリニストでも、理解するとなると難しく、また、目の前の小さな生徒に伝えるとなると、さらに難しく、自己流になりやすいのが現状です。そうならないためにも、きちんと教育法を勉強している教師のもと、正しい基礎をきちんと積み重ねていくことが一番重要になります。

 

 このコースは、地味かもしれない、基礎練習を積み重ね、基礎がしっかりするまで、二人三脚で向かい合うこと。

 そして、将来、演奏家として立派に存在できるよう、センスと技術をみがく、そんなレッスンにしていきたいと思います。

 

 ・音高、音大を目指している方。または、将来音楽家になりたいかは、まだ分からなくても、その可能性のある方。

 ・基礎を見直し、美しく演奏が出来るようになりたいと熱望している方。

 上記の思いがあり、小学生、中学生の方(高校生要相談)は、是非お問い合わせください。