リトミック・ソルフェージュ

 

 みなさん、今まで、様々な音楽教室などで、”リトミック”、”ソルフェージュ”という言葉、クラスを聞いたことがあるのではないでしょうか?

 そもそも、”リトミック”、”ソルフェージュ”とは何ぞや?と思われた方も多いと思います。

 ”リトミック”も、”ソルフェージュ”も、もともとは、楽譜をスムーズに読めるようになるための、基礎訓練のことをいいます。

 

 ヴァイオリン教師である私が、なぜ”リトミック”、”ソルフェージュ”のクラスを作ろうと思ったかという経緯には、長年ヴァイオリンを習っていても、楽譜を読むことに苦労している子供が、以外と多いということに気がついたからです。せっかく頑張って難しい曲が弾けるようになっても、どこかで、楽譜が読めないことにより、壁にぶつかってしまうケースが多いのです。なんてもったいない!逆に、どんなに進みがゆっくりでも、楽譜が読める子は、大人になっても、スムーズに、楽しくヴァイオリンを続けてくれています。

 

 ”リトミック”、”ソルフェージュ”と聞くと、なんだか難しく感じてしまうかもしれませんが、大丈夫です。とても楽しいクラスです。

 このクラスで実践することは音を①読む、②聴く、③歌う、④書くの4つのモットーを徹底することです。

 

 この4つのモットーに行き着いた経緯は、私がロンドンに留学する前、英語の習得に非常に苦労したところから始まります。

 

 とにかく英語が苦手な私、英語の勉強をしても、ちっとも上達せず、どうしたものかと悩んでいたときがありました。

 そんな折、英語をならっていた先生に勉強法を伺ったところ、「英語を読むだけ、聞くだけと、一つのアクションをするのでなく、聞く、読む、書くを同時にするといい」と教えてもらいました。例えば、英語の文章を読む課題が出たとして、①文を黙読する、②音源を聞いて耳で覚える、③音源と一緒に発音する、④文を書いてみる、と4つのアクションを行うと効果的であると。確かに、この方法を実践して以降、英語が上達し始めたのです。

 

 この勉強法、じつは楽譜を読むことにも、非常に効果的です。実際、4つのモットーを用いて、どのようなレッスンを行っているのか、少しお見せします。


左の写真は音符カードと呼ばれるアイテムです。

表には、五線紙に音が書いてあります。

裏をひっくり返すと、答えが書いてあります。

絵も張ってあるので、まだひらがなが読めない、未就学児の小さなお子様も楽しんで使えます。

 

この音符カード、主に音読みになれるために活用するもので、レッスンを始めてすぐにとりあげます。

 

 使い方は簡単!まず、表の五線紙の音が何か、答えをあててもらいます。分からなくても大丈夫!ひっくり返せば答えが書いてあります。

 基本的に、皆さん音を読んで、答えあわせをするだけで満足してしまうのですが(4つのモットーの①音を読むの部分ですね)、せっかくなので、他のモットーもつけてしまいましょう! 

 ・答えが分かったら(例の写真はドの音)、すかさずピアノでドの音を鳴らします(②聴く)、

 ・次に、ピアノに合わせて、ドの音を歌ってもらいます(③歌う)、

 ・最後に、五線紙に自分でドの音を書いて見ます(④書く)。これで4つのモットー全てクリアです!

 他にも様々なアイテムを使いながら、4つのモットーを用いて、楽しくレッスンしています。

 

 私の夢は、大人になっても、ヴァイオリンが大好きで、弾きつづける人を一人でも多く増やすこと!楽譜が読めたら、他の楽器とアンサンブルが出来たり、オーケストラに参加出来たり、楽しいことがもっともっと増えます。

 そのためには、”リトミック”、”ソルフェージュ”のレッスンを、ヴァイオリンのレッスンと並行して受けることがとても有効的です。

 是非、一度レッスンを体験してみてください。